クレンズダイエットは野菜ジュースでも代謝アップできる?

クレンズダイエットは、野菜ジュースを5日間飲むだけで代謝をアップさせて痩せられると話題になりました。

 

ですが、実は野菜ジュースの質が大切になってくるという大切な部分がちゃんと紹介されていなかったため、

 

ですが、その大騒ぎのせいで勘違いをされている方も多いようです。

 

結論から先に言ってしまうと、クレンズダイエットは野菜ジュースで出来なくはありませんが、効率が悪すぎます。

 

その理由は、活きた酵素が取れないからです。

 

ダイエットや便秘解消、むくみや冷え性の改善など、様々な目的を達成するには、代謝を上げるための酵素が必要不可欠です。

 

ところが、市販の野菜ジュースでは加熱処理で酵素が壊れており、自宅の高速回転のミキサーでは摩擦熱や遠心力で酵素が壊れてしまっているからです。

 

ジュースを飲むだけで代謝をアップさせて、痩せやすい身体を作るには大切なポイントがあるんです。

 

それは、生きた酵素をちゃんと腸まで届けてあげることなんです。

 

酵素は代謝を上げるために必要なのですが、高速回転のミキサーの摩擦熱や回転刃との衝撃、遠心力などに弱いものなんです。

 

酵素は脂肪分解を担当するリパーゼや炭水化物の分解を担当するアミラーゼ、繊維質の分解を担当する腸内細菌の手助けをする消化酵素など、本当に様々な物があるため、すべてが壊れてしまうわけではありませんが、効率が大幅に落ちてしまう事は間違いありません。

 

また、人間の身体には先ほどの消化酵素と代謝酵素があり、どちらも基本的に熱に弱いため、専門店のスロージューサーで絞った生の酵素が摂れるジュースが『1杯1,000円でも高くない』と言われるのはこのためなんですね。

 

なので、ジュースクレンズダイエットで代謝を上げるためのジュースは活きた酵素が摂れるジュースを飲む事が大切なんですよ。

 

つまり、ジュースクレンズダイエットの効果を最大限にあげるジュースの選択肢としては

 

  • コールドプレスジュース
  • 酵素ドリンク
  • 酵母菌や乳酸菌が摂れるコンブチャ

 

などが主に使われているんですね。

 

最初に紹介した「手作り野菜ジュースで代謝アップ」ですが、こちらは使う野菜原料も無農薬栽培専門の契約農家(土壌が汚れていると意味がないので。)に依頼して、自分がすべて買い取るというような条件で野菜を用意するところから始めなければなりません。

 

さらにもっと問題になるのはその種類数です。代謝はタンパク質の分解に関わるものなので、本当に数多くの栄養素がバランスよく含まれていなければ達成できません。
そのためには100種類ではきかない数の野菜を準備しなければならないのが事実です。

 

その条件が守られなければ「ただの水抜きダイエット」になってしまいますし、それすらも「近所のスーパーで買って来た残留農薬が心配な野菜」では達成する事が出来ないといわざるを得ません。

 

加齢や食事の栄養バランスによる代謝の低下は、複雑に絡まりあった要素を、それぞれ満たしてあげる必要があります。
それゆえに、クレンズダイエットの本場のアメリカでは専用のジューススタンドが存在しますし、日本で数少ないクレンズダイエット用のジューススタンドも5日間のセットで3万円もするような金額になってしまうんです。

 

クレンズダイエットの最大の目的の代謝アップは手作り野菜ジュースで出来るものではないと考えておいた方がいいでしょう。

 

ちなみに、日本のクレンズダイエット用のジューススタンドでも冷凍品の全国発送をしているところがあります。
「冷凍品のクレンズジュース」の効果の程は分りませんが、酵素の本来の働きを考えれば、管理人としては正直購入する気にはなれません。

 

食物酵素は、基本的に48度以上の熱では失活してしまいますし、冷凍でも同様な現象が発生します。

 

もちろん解凍方法にもよりますが、これだけは間違いなく言えるのは「酵素の活性低下」が起こるという事は間違いありません。

 

せっかくクレンズダイエットを採り入れて本気のダイエットを行うなら効果が怪しい野菜ジュースではなく、代謝アップが期待できる「活きた酵素」が摂取出来るものを選びましょう。