ジュースクレンズ|酵素と燃焼が成功のカギ

ジュースクレンズは、酵素ドリンクを使ってファスティングを行う事で効果を最大限に発揮出来ます。なぜならファスティング期間中の基礎代謝を維持する事がダイエット成功のカギだからです。

 

もちろんファスティング期間中は固形物を口に出来ません。一日3回〜5回程度の酵素ドリンクを炭酸割りや野菜ジュース割りなどのジュースメニューで過ごします。

 

そうする事で、生きた酵素が体内で基礎代謝を高め、激しい運動などせずに体重をコントロールする事が出来ます。

 

今までの断食系ダイエットが失敗しやすかった理由は基礎代謝をちゃんと上げられないために身体がカロリーの燃焼を控えてしまって、身体にエネルギーを貯めこむ体質が出来あがってしまい、それが結果的にリバウンドもしやすく失敗する原因にもなっていたんです。

ジュースクレンズは始める前も大切!身体に錯覚を起こさせない

ジュースクレンズの重要なポイントは先ほど紹介したように酵素と燃焼がカギになるのですが、実はもう一つ大切な要素があります。

 

それは、エネルギーを貯めこむ体質を作らないという点です。酵素ドリンクで基礎代謝を上げるというのも、この体質を作らないためなんですが、もう一つは錯覚です。どういう事かというと、昨日まで普通の食生活を送っていたのに、急激に翌日からファスティングを始めましょう。と言って始めてしまうと、初日の昼くらいまでは大丈夫かも知れませんが、すぐに胃が飢餓状態を自覚し始めるんです。

 

すると胃腸から送られた飢餓状態のSOS信号が交感神経を刺激してしまい、やはりエネルギー消費を抑えてしまいます。

 

これでは、せっかく空腹感のツラさを我慢している意味がまったくなくなってしまいます。
そこで、ファスティング期間と同じくらいの期間の時間(日数)を掛けて、胃に少しづつこれからファスティングが始まるよ。驚かないでね。という意識をさせます。

 

それを、認識させるためには少しづつ食事量を減らして、尚且つ消化吸収に優れたメニューを考えるのが大切です。

消化吸収の良い食事メニューって?

消化吸収の良さだけに絞って考えれば、おかゆだとかうどん、そうめん、ひやむぎなどを少し長めにゆでた物は良いという話になりますが、それだけでは炭水化物過多になってしまいます。

 

そこで、出来る限り消化吸収の良いタンパク質を摂るという意味で、お豆腐を使ったメニューはおすすめです。大豆タンパク質は脂肪をほとんど含まないので吸収効率が高いですし、不要なカロリーも抑える事が出来ます。

 

そして、いつもなら一回で半丁食べていた物を3分割にして食べるなど、量の加減もしやすいのが魅力ですね♪

 

ジュースクレンズは、このような感じでちゃんと成功させようと考えると、案外面倒なものです。ですがその分、成功した時のメリットの大きさはとても魅力的でもあります。

 

セレブ達がこぞって夢中になるジュースクレンズを、しっかりポイントをおさえて成功させて下さい。そして成果がちゃんと数字に表れる事の充実感・達成感を、是非感じて下さい!