スロージューサーでダイエットをしてみませんか♪

近年人気になっているファスティングダイエットの一種が『ジュースクレンズ』です。

 

3〜5日間の断食を行って体内洗浄を行うことを目的にしています。

 

ジュースのみを摂取することによって内臓を休ませることができ、
消化酵素などを代謝酵素にまわせることで痩せやすい体づくりをすることができるほか、
体のリラックスやデトックスなども行うことができるようになります。

 

そのため美肌効果を得られたり、免疫力を高めることなどが可能です。

 

また、摂取エネルギーが少なくなることで内臓脂肪を減らすことにもつながります。

 

使うジュースは新鮮な野菜や果物を100%使ったクレンズジュースです。
スロージューサーという特殊なジューサーを使ったコールドプレスジュースを使って行います。

 

スロージューサーは通常のミキサーとは異なり、食材を優しくゆっくりプレスすることによってジュースを作ります。
従来のものは高速回転などで絞る過程で熱が生じてしまいます。

 

熱が生じると素材に含まれる酵素やビタミンなどが失われてしまうのです。

 

しかし、ゆっくり絞るスロージューサーは、熱が発生しないため
美容や健康に欠かせない栄養素を限りなくそのままジュースにすることができます。

 

ジュースにすることで日頃の食事では取りにくい酵素などが取りやすくなり、
消化器官に負担をかけずに素早く吸収できるなどの特徴があります。

コールドプレスジュース・ダイエットのやり方

このジュースを使ったダイエットのやり方としては、まず準備を始めます。
油分や肉類などは避けて、白米は玄米するなどなるべく低GI値の食品を中心に和食メインに食べて行きます。

 

白湯か常温の水を1日最低でも1?以上飲んでいきます。

 

これを三日程度続けたら、ダイエットの開始です。

 

ジュース以外は何も食べないようにします。
1日あたり約500mlのボトルを約6本は飲んでいきます。
小松菜やホウレン草、ケールなどの濃い葉野菜や生姜などの香味野菜を入れればデトックス効果を高めることができます。

 

チアシードやアサイーなどのスーパーフードと言われる食材を使っても機能性は高まります。

 

行っている最中はジュースと同じだけの量の水を飲むことが成功するポイントです。

 

終了後は、重湯からおかゆ、具のない味噌汁、消化の良い豆腐やおひたしなど徐々に固形物を取っていきます。

 

一時的にイライラしたりめまいがするなどの不調がありますが、これはデトックスが進んでいる証拠です。
初めてジュースクレンズを行うと、この不調を『副作用』と勘違いしてしまいますが、これは『好転反応』と呼ばれる作用で、断食を終えるとすぐに治まります。

 

しかしながら、好転反応が強すぎると、身体の中で脳が『エネルギー消費を抑える命令』を出してしまうため
めまいがしたり、下痢でもないのにお腹が痛くなったりするほど我慢してはいけません。

 

また、だるさを感じる場合もあるため体に負担を感じる場合には無理せずにゆっくり休むようにすることも大切です。