準備食は卵を食べちゃダメ?ダイエットの成果を上げるコツ

近年人気になっているダイエットの一つがファスティングダイエットです。

 

ファスティングダイエットとは、食事と摂らないようにして
水や酵素ドリンクなどの水分だけで半日?三日間ほど行う断食のことをいいます。

 

固形物を取らないことによって内臓を休ませることができるようになります。

 

有害物質や老廃物と元になる食べ物を取らないことによって
体は効率的にデトックスできるようになり、エネルギーを摂取しないことで
体はエネルギーとして脂肪を燃やし始めることで痩せやすい体質作りにつながります。

 

このように簡単なダイエット方法であるファスティングは、
正しいやり方で行わなければ体に大きな負担がかかり逆に太ってしまう可能性もあります。

 

成功させるポイントは準備食と回復食をきちんと行うことです。

 

準備食は、ファスティングを行う日数に合わせて
脂質や動物性たんぱく質、糖質などを控えていく食事のことを言います。

 

急に食事を抜いてしまうとファスティング中にイライラしたりだるくなったりしてしまいます。

 

これは血糖値の急な変化によって起こるもので、避けるためは準備食は重要です。
なるべく避けたい食品としては、
肉や魚、卵などの動物性たんぱく質、油脂や小麦粉、砂糖、ジュース、カフェイン、アルコールなどは控えるようにします。

 

準備期間中は野菜と納豆、豆腐などの和食を中心に食べていくと体への負担を減らすことにつながります。

 

ファスティングを終えた後は、回復食から徐々に通常の食事にしていきます。
終わった直後の食事としては、重湯や具のない味噌汁から初めて行きます。

 

内臓になるべく負担のかからないメニューで、重湯からおかゆへ、茹でた野菜やスープ、温野菜サラダを取り入れていくなど
徐々に固形物を増やしていきます。卵は避けるべき食材とされていますが、

 

含まれる栄養素は回復食には効果的と言えます。摂る時のポイントとしては
卵は生で食べると吸収効率が悪く胃に負担となってしまいます。

 

特に卵白の中に含まれるアレルゲン物質のオボムコイドはたんぱく質を消化するトリプシンという消化酵素の作用を妨げてしまいますが、
耐熱性が高く、熱してもその性質はほとんど変えることはないためファスティング後には避けることをおすすめします。

 

アミノ酸やビタミンがバランス良く含まれているため回復食には取り入れていきたい食事なため
卵白と黄身に分けて、黄身だけを使っておかゆに入れたり、スープなどに入れることが良いですよ。