スロージューサーレシピ人気3選&おすすめ料理

今、スムージーをダイエットのために、また健康のために飲んでいる方が増えています。

 

お店で購入することもできますが、毎日飲みたい方は手作りで作りたてのものをおすすめします。

 

ちなみに、同じようなメリットが期待できるものとして、
スロージューサーを使ったジュースというのもあります。

 

一般的なジューサーは、高速でジ ュースにできるのですが、
高速回転の刃で摩擦熱が発生するため、野菜や果物の栄養素や
ミネラルなどでも熱に弱い成分が失われてしまう場合があります。

 

スロージューサーを使うことで、ゆっくりと熱をかけずにジュースにしていくことができますので、
栄養素をくずさずに、美味しいままでジュースにすることができるのです。

 

ちなみに、美容にも健康にも良いですし、
何を材料とするかということでメリットも味ももちろん変わってきますので、
レシピなどを参考にして、作ってみると良いでしょう。

 

スロージューサーレシピ例

スロージューサーで作れるジュースのレシピと摂れる栄養素や効果も簡単にご紹介しています。

 

美容や健康のために採り入れる方が増えているクレンズジュースのレシピです♪

小松菜とニンジンジュース

 

人参・・・1/4本
小松菜・・・2束
りんご・・・半分
レモン・・・適量

 

少量緑黄野菜もしっかり取れて 、鉄分もビタミンCも豊富な小松菜がポイントです。

 

りんごとニンジンを入れる事で、一気にさわやかで甘みもでて、飲みやすくなります。

 

レモンを少し入れる事で、酸味がプラスされます。

鉄分ビタミンたっぷりグリーンスムージー

 

ほうれん草・・・1パック(215g)
小松菜・・・1パック(285g)
水菜・・・1パック(150g)
大根菜・・・1パック(185g)
エゴマ・・・130g
パイナップル・・・300g

 

こちらのレシピは、今人気のあるグリーンスムージです。
小松菜とほうれん草と水菜、大根の葉っぱと、かなり緑が濃くなる要素たっぷりです。

 

これだけですと、苦そうな感じがしますが、
パイナップルを入れる事でさわやかな甘さになりますし、
エゴマで香りも豊かになります。

 

基本のフルーツ ジュース

 

人参(中)・・・1本
りんご・・・1/2個
レモン・・・1/2個
グレープフルーツ・・・1/2個

 

甘くて飲みやすい、またお子さんにもおすすめです。
ビタミンが豊富なので、美容的な効果がとても高いフルーツジュースです。

 

低速のスロージューサーを使うことで、
ビタミンCも減りにくいと言われていますのでおすすめです。

 

そして、スロージューサーの特徴として、ジュースと搾りカスが別々に分けられます。

 

そのため、栄養満点のジュースを作った後に搾りカスで料理を別に作るレシピもあります。

絞りかすのニンジンオムレツ

 

人参絞りカス・・・大さじ5
全卵・・・2個
マヨネーズ・・・大さじ1
にんにくチューブ・・・2cmくらい
油・・・適量

 

スロージューサーでジュースを作ると、絞りかすが出ます。
それを捨ててしまってはもったいないです。
ニンジンは食物繊維も豊富ですし、それをオムレツに入れる事で、
食べやすくなりますし、栄養も抜群です。

 

意外な使い方かもしれませんが、リピーターが多いんですよ♪