回復が大切なジュースクレンズはヨーグルトもおすすめ

美容や健康、ダイエットに良いと人気になっているのが断食です。

 

断食といえば、食事を我慢してとても辛いものというイメージを持つ人は少なくありませんが、
現在人気になっているのは半日から3日程度と、手軽に行う事が出来るものです。

 

更に、この断食は、胃腸に負担がかかる固形物を食べない事で、
普段働き続けている状態の胃腸を休め、体の機能を回復させていくというものです。

 

ですから、固形物を食べる事は避ける事になりますが、飲み物等は自由に飲めるようになっています。

 

その為、食事を我慢する人でも、無理なく行えるようになっています。

 

それでも我慢するのが大変という場合は、半日程度から始め、
徐々に体を慣らしていくという事がおすすめです。

 

そんな断食で重要になってくる事のひとつが、断食に向けた体作りと、
断食後の食事です。断食をするとなると、その前にしっかりと食べておかなければいけないと考える人は少なくありませんが、

 

断食を始める前日辺りから、胃腸に負担が少ない食事に切り替え、
量も減らしておく事が重要になってきます。

 

しっかりと食事をした状態から断食を始めると、
体がその状態についていく事が出来なくなるだけでなく、
急激に摂取カロリーが減る事で、身体の代謝が落ちてしまう可能性があります。

 

その為、断食をする時には、その前の食事から、しっかりと意識をしておく事が重要になってきます。

 

そして、もう一つ大切になってくるのが、断食を終えた後の回復食です。

 

断食が終われば、しっかりとご飯を食べたいと考える人は少なくありませんが、
急に食べると、胃腸に大きな負担がかかります。
ですから、胃腸に優しいお粥等から食べ始める事になります。

 

この時、お粥ではなくヨーグルトを食べるという方法も有効です。

 

ヨーグルトは胃腸に負担が少ないだけでなく、乳酸菌も豊富に含まれており、腸内環境を良い状態に整えてくれます。

 

ただ、胃腸に優しいからといって、一気に大量のヨーグルトを食べるという事はおすすめできません。
断食明けは、体を慣らす為の回復食であるという事を意識して、少しずつゆっくりと食べていく事がおすすめです。

 

少し物足りないと感じるのであれば、刻んだバナナを混ぜてみる、すりおろしたりんごを混ぜてみる等、
果物と組み合わせてみる事がおすすめです。

 

それにより満足感が高い状態となります。
断食をする場合は、その前の食事、そして断食が終わった後の食事にも気を遣っておく事が重要になります。