ジュースクレンズと胃潰瘍について

ジュースクレンズと胃潰瘍の関係

胃潰瘍は本当につらい症状を伴います。
胃酸過多による吐き気、痛み、胃粘膜が傷付いてしまえば実際に吐血や血便などが起こります。

 

その原因は、自律神経による内分泌バランスを取る働きが鈍ってしまう事で、胃粘膜を守る胃粘液と胃酸の分泌量のバランスが取れなくなる事にあります。

 

自律神経の働きが鈍くなってしまった事によって、胃酸過多が起こり、胃粘液よりも胃酸の分泌量が多くなると、冒頭でもご紹介したようなつらい症状を伴う胃潰瘍になってしまうんですね。

 

しかも、胃潰瘍には、その先で重大な病気になってしまうリスクも伴っています。

 

というのは、胃粘膜が傷付いてしまったり、それよりもさらに深刻な胃の筋膜まで達してしまった傷口は、ピロリ菌感染の温床になってしまうんですね。

 

ピロリ菌は、ご存じの方も多いと思いますが、胃ガンの原因菌として知られています。

 

これは胃粘膜が傷付いてしまったところが自然治癒力によって細胞増殖の働きが起こるのですが、ピロリ菌に感染してしまった細胞は細胞のコピーミスを引き起こし、ガン細胞に変質してしまうからなんです。
現代人のわたし達は、そんな危険性をはらむ自律神経の働きを狂わせてしまいやすい過労やストレスと背中合わせで生活していますよね。

 

そこで、解決策としておすすめなのがジュースクレンズなんですよ。

 

ジュースクレンズが胃潰瘍予防効果について

先ほど、ジュースクレンズが胃潰瘍の解決策として有効というお話しましたが、その理由をご紹介します。

 

ジュースクレンズが胃潰瘍の解決策として最適な理由は、栄養たっぷりのジュースを飲みながら、断食で胃腸を休めてあげる事で、内分泌の働きを司る自律神経も休めてあげられる点にあるんです。

 

冒頭でも軽く触れましたが、胃潰瘍の原因は、自律神経の働きが狂ってしまう事によって胃粘液と胃酸の分泌バランスが胃酸過多に傾いてしまう事にあります。

 

胃粘液が胃酸よりも分泌量が劣ってしまう事で、本来胃粘液に守られているはずの胃粘膜がノーガード状態になってしまうんですね。

 

それが、胃潰瘍の原因です。胃潰瘍も症状が軽いものなら、自己修復機能によって治りますが、ストレスや過労など自律神経の働きを狂わされる要素が根本的な原因ですので、その部分が解決されていなければ、再発を繰り返す事になってしまいます。

 

それが、ピロリ菌感染の温床になってしまう事は冒頭でも触れましたが、本当に危険な事です。

 

その根本原因である、自律神経の働きをリラックスで整えてあげる事が出来るのがジュースクレンズというわけなんですね。