注目のスロージューサーを特徴と性能で比較!おすすめはどれ?

スロージューサー 性能 比較

スロージューサーの性能はジュースクレンズのためだけというわけではありませんが、
専用ジュースという認識の方もいるコールドプレスジュースを作ることができるジューサーとなっています。

 

スムージーが作れる高速回転のジューサーミキサーと違って、
摩擦熱や回転刃が素材を粉砕する際の衝撃などが生じないので
音も静かで、素材の中に含まれているビタミン・ミネラル・水分をしっかり無駄なく絞り出すことができます。

 

そのため、栄養をたっぷり含んでいることが求められるジュースクレンズのためのジュース
として選ばれたのがスロージューサーで作れるコールドプレスジュースということだったんですね。

 

では、代表的な3メーカーのスロージューサーの比較に入りましょう♪

 

ジュースクレンズを行うかどうかは別として、常に健康と美容のために飲んでおきたいジュースがコールドプレスジュースですから
やはりちゃんとした1番自分の生活スタイルに合ったスロージューサーを使って1番良い状態のジュースを飲んで健康でなおかつスリムなキレイな体を手に入れたいですよね。

 

そこでこのページではスロージューサーの3者の資格を行いたいと思います。

  • ヒューロンスロージューサー
  • クビンスホールスロージューサー
  • シャープヘルシオジュースプレッソ

この3者のスロージューサーを比較してどのような特徴があってどういった形にどのスロージューサーがお勧めなのかといったところまで見ていきたいと思います。

 

まずはヒューロムスロージューサーから見ていきましょう♪もちろん2017年の最新モデルです!

ヒューロムスロージューサー2017年最新モデル

ヒューロムスロージューサーは、韓流ドラマや日本の芸能人でも
たくさん使っているファンが多いとても人気が高い世界で最も売れてるスロージューサーの機種になります。

 

基本的なモデルのパターンとしては3種類HH-AとHZというコールドプレスジュース450mlが作れる中クラスモデル。
そしてH2Hスーペリアという1番最初に初めてヒューロンから出されたスロージューサーとして世界でロングセラーになっているモデル。
そしてH15と呼ばれるシンプルな小型エントリーモデルと言われるものがあります。
そしてこのモデルは300mlのスロージューサーということで容量が小さくコンパクトなのが特徴ですね。
一人暮らしの方が使うにはちょうど良いのサイズ感ではないでしょうか。

 

そしてさらに大きなモデルがもう一つありまして、こちらのほうは『HWプロフェッショナル』という大容量ドラムの業務用モデルとなっています。
充電ができるモデルで最長10日間連続で使用できるようになっています。
そしていちどに絞ることができるジュースの容量は800mlという大容量モデルですね。
家庭用とは逆配置になったジュースと搾りかすの排出口の位置もおしゃれですが、
基本的に材料を切ってから入れるスタイルと言い、やはり家庭用ジューサーの枠からはでないジューサーといった位置づけになると思います。

 

次にクビンスホールスロージューサーを見てみましょう。

クビンスホールスロージューサー

クビンスはホールスロージューサーというところが特徴です。
ホールというのは、野菜や果物を丸ごと切らずに言えることができるということですね。
投入口が他社のスロージューサーに比べて大きく、それによって“丸ごと搾汁”可能になったスロージューサーとしての革命的なモデルではあります。

 

ただしどんな大きな材料でも入るかというわけではなく、このクビンスホールスロージューサーの中で最も人気があるモデルである『JSG-121』というモデルで、
投入口が直径8センチとなっていて、公式サイトではりんごが『丸ごと1個入ると言われていますが、
管理人が使った限りでは実際にはリンゴいっこというよりもみかんを縦にしてやっと一個といった感じです。

 

韓国のりんごはそのようなサイズなのかもしれませんが、日本の富士や紅玉などの大玉なりんごになると間違いなく切らないと入りません。

シャープヘルシオジュースプレッソ

シャープヘルシオジュースプレッソは最も日本でも売れている日本国内メーカーのスロージューサーとなっています。

 

ボディーカラーのパターンにフェラーリレッドやオレンジといったショッキングな色合いが使われていて
そこら辺も特徴となっていてとてもファッショナブルなスロージューサーで芸能人に人気が高いのはシャープヘルシオジュースプレッソフェラーリレッドとなっているそうです。

 

こちらのスロージューサーの特徴は、とにかくコンパクトに、そして音をより静かにというこの2つの特徴があります。
そのため本体のドラム自体も小さくなっているため、クビンスやヒューロムスロージューサーに比べると
若干メンテナンスがやりにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただしスロージューサーとしては基本的にコンパクトでどこにでも持ち運びができるタイプと言われていますし、
コンパクトで音が静かというところでなおかつ回転数が36回転と最も遅いジューサーなので、
とにかくしっかりと圧力をかけて果物や野菜から果汁を
しっかりとロスなく搾り取るそして摩擦熱をできるだけ生じさせないという意味では
非常に優れたスロージューサーと言えますね。

 

ただし回転数が遅いだけにジュースを絞るための時間の余裕は若干必要になります。
例えばこのジューサーで向かない人というのは家族全員分のジュースを朝の支度が忙しい時間帯に一気にやらなければいけないといったような
家庭のママさんには明らかにこのモデルは向きません。そういった方はヒューロムスロージューサーの大容量モデルの方が良いでしょう。

 

ジュースクレンズは、アメリカのハリウッドセレブやニューヨーク・ブロードウェイのアクトレスなどの美にこだわらなければならない人たちに絶賛され、今やアメリカではセレブをパパラッチしたければジュースバーに行け。と言われるほどの存在になりました。

 

ただし、日本で最初にジュースクレンズを紹介された当時は、青山のスカイハイ(sky・high)などのごく一部でしか、専用ジュースが飲めないというデメリットもありました。

 

そんなジュースクレンズに必要な栄養がたっぷり摂れるジュースを自宅で手作り出来ることで大注目されているのがスロージューサーです。

 

栄養たっぷりのコールドプレスジュースを素材を投入口から入れるだけで作れるわけですから人気もうなずけます。

スロージューサー 性能 比較

最初はかなり高額だった専用のスロージューサーも、今ではいろいろなメーカーから発売されていて、今では価格.comで紹介されているもので16種類が販売されています。

 

価格的には、安いものでは10,000円切るようなものから、3万円を超えるものまで様々。
もちろん使う人によっていろいろな選択肢があるのは良い事ですが、健康と美に磨きをかけるためにジュースクレンズを定期的に行うなら、一番大切なポイントは安さではなく性能です。

 

ジュースクレンズのコールドプレスジュースを作れるスロージューサーを比較しているサイトを発見しました。

 

下の画像をクリックするとジューサーの性能比較のサイトへアクセス出来ます。よろしかったらご覧ください。

 

スロージューサーを性能で比較するならこちら!