太りにくい身体を作る酵素の働き

太りにくい身体を作る酵素の働き

このページでは、太りにくい身体を作る酵素の働きについて説明したいと思います。

 

皆さんの知り合いや友達の中でも、どんなに食べても太らない人っていますよね。

 

そんな人を見てると、まったくもって羨ましい限りですけど、そういった人と自分の身体ではいったい何が違っているのでしょうか。

 

その違いを理解するには、太りやすい身体というのはどういった状態なのかを知る必要があります。

 

この痩せやすい人と太りやすい人の身体の違いを理解する事は意外と大切な事なんです。

 

ジュースクレンズの断食を定期的に行う事で、痩せやすく太りにくい身体を作っていく事が出来るという“ジュースクレンズの仕組み”にも関わってくる話なので、是非最後まで読んで下さいね。

 

痩せやすい身体と太りやすい身体の違い

太りやすい身体とは、食べたものから摂取した栄養素に付属してくる糖質が、血流を通じて体の各部位に運ばれる栄養素と共に筋肉や皮膚を作るタンパク質の中にある肥満因子が糖質を溜め込んでしまう状態になっているという事です。

 

肥満因子が糖質を溜め込んでしまう状態というのは、体に入って来る様々な有害物質と戦うためのエネルギーとして蓄えられている状態なのですが、そういったものに使われなかった糖質は通常ならば、代謝酵素によって分解されて身体を動かしたり、細胞を新しいものに入れ替えるためのエネルギーとして使われる事になります。

 

病気の方が運動をしているわけではないのに痩せていくのには、外敵と戦うために糖質やそれで足りなければ、筋肉じたいが持っているタンパク質を使い込んでしまうからなんです。

 

もちろん、この痩せ方は筋肉が落ちていく痩せ方なので、脂肪を減らして引締めたいと思っている部分の筋肉まで落ちてしまうので、病気が治って食事量だけが戻ってしまうと太ってしまう痩せ方です。

 

代謝酵素がちゃんと働くためには“最低限の筋肉を付ける事”は絶対に必要な事です。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、運動をそれほどしなくても、食べ物をたくさん食べていても太らない人というのは、体脂肪率が低く、代謝酵素の働きが活発なので、そのおかげで蓄えれている糖質を最低限のものを除いて、どんどん分解していきちょっと身体を動かすだけで燃焼していくからなんです。

 

一方で頑張っても筋肉痛になるだけで筋肉が付かないよ。。。という方もおられるのではないでしょうか。

 

そういった方は筋肉に身体を動かす事で筋肉に変わってくれるタンパク質の補給が足りていない可能性があります。

 

先ほどの、羨ましい痩せやすい体質を作るには体内の酵素の不足分を補う必要があります。

 

実は、ジュースクレンズと酵素の関係のページでも、ご紹介しましたが飲み物や食べ物で補給する酵素=タンパク質だからです。

 

実際には、必要な栄養素を正しく理解して、そのための調理法などを心得た食事をした方が望ましいのですが、なかなか上手くは行きません。

 

知識も相当な量の勉強をしなければなりませんし、注意力も必要です。

 

そんな不足分の酵素を正しい栄養素の知識や努力などをしなくても補う事が出来るのが酵素ドリンクというわけなんです。

 

太りにくい身体を作る酵素の働きを助けてあげるためにも酵素ドリンクは積極的に利用して行きたいですね。