酵素ドリンクは手作りできるの?

酵素ドリンク 手作り

酵素ドリンクは手作り出来るものなのでしょうか。
酵素ドリンクのメーカーは各社ありますが、それぞれの作られ方や説明などを見てるととても素人が手作りなんて....と思ってしまいます。

 

ですが、答えから先に言ってしまうと、酵素ドリンクは手作りで作れます。

 

ただし、手作り酵素ドリンクの作り方を見てみると、材料が単品(例えばリンゴだけなど。)ならば、材料を1cm〜2cm角に刻んで、透明な瓶に入れて、それから大量にグラニュー糖をドバっと!...投入するだけです・・・

 

いやぁ・・・びっくりしてしまいました。ほんとうに、え!こんなに入れるの?っていうくらいグラニュー糖を使うんです。

 

材料とお砂糖の比率を重さで言うと材料6:お砂糖4くらいの割合ですね・・・

 

ちなみにリンゴだけで単品の酵素ドリンクを作っている方の動画では、大体1リットルくらいの酵素ドリンクを手作りするのに市販のグラニュー糖を一袋を、ほぼほぼ使い切るという量です。

 

いくら、お砂糖は発酵するとカロリーが落ちると分かっていても、初めてみる方だったら、おそらく引きます。

 

ちなみにわたしが見たのは動画で作り方を紹介されている方の作り方なのですが、詳しくレシピを調べてみると、リンゴ1.6kgにお砂糖1.1kgでした・・・

 

健康的な老廃物の排出が目的なら手作り酵素ドリンクも良いのでしょうけど、ダイエットのために酵素ドリンクが欲しいという方には、とてもお勧めできるものではありませんでした。

 

おそらく、最近の酵素ドリンクの流行に乗って、そこに果物や野菜への残留農薬の心配だとかいろいろなものと、最終的にはコストの問題が重なって、手作りで酵素ドリンクを作れないかな・・・という事になったんではないかと思います。

 

ですが、ジュースクレンズをやろうという方は、ただ健康に気をつけたいだけではなく美しくスリムにという目的を持っている方です。

 

その目的から考えると、酵素ドリンクの手作りは、とても目的を達成できる物ではないというのが管理人の正直な感想です。

 

お砂糖の摂り過ぎは、肌の糖化にもつながりますから、肌トラブルを誘発してしまいます。

 

それに、ジュースクレンズをやる酵素ドリンクとしては、あからさまにお砂糖をたくさん使い過ぎで、たとえ発酵過程でカロリーが多少下がったとしても心配になってしまいます。

 

 

そこで提案なのですが、酵素ドリンクを手作りで作るなら、スロージューサーを購入して、自宅で本格的なコールドプレスジュースを作った方が良いでしょう。

酵素ドリンク 手作り

 

よほどカロリーも抑える事が出来るはずですし、レシピの自由度も楽しめます。

 

それにスロージューサーで野菜や果物を絞った残りの果皮の部分は、回復食でスムージーなどを作る時にトッピングとして利用する事も出来るので、無駄がないんですよ。

 

果皮の部分も冷凍して保存しておけば、通常食のカロリーも抑えながら、ジュースクレンズをいつでも好きな時に野菜や果物を用意して始める事も出来ますよ。