ジュースクレンズの準備食にヨーグルトはどう?食べ方のおすすめは?

ジュースクレンズは、このような方にお勧めのデトックスダイエットプログラムです。

  • 健康に綺麗に痩せたい方
  • デトックス効果を期待したい方
  • 体の機能をしっかりと回復させて健康になりたい方

こういった方々に、ダイエットや健康を意識する人に人気となっているのがファスティングのジュースクレンズです。

 

プチ断食とも呼ばれるファスティングのジュースクレンズは、
半日から3日程度、固形物を食べない事で胃腸の負担を減らしていく事が出来ます。

 

毎日、3食しっかりと食事をしている人の場合、常に胃腸が働いている状態となります。

 

そんな胃腸を休ませる事で、胃腸の機能の回復、そして体の機能の回復を期待する事が出来ます。

 

更に、これまで消化吸収に使っていた酵素を代謝に回す事が出来る為、体の基礎代謝を高め、太りにくく痩せやすい体を作っていく事が出来ます。

 

その為、健康やダイエットを考えた時に効果的と人気になっています。

 

そんなファスティングはただ食事を抜けば良いと考える人は少なくありませんが、
始める前から徐々に準備をしていく事が大切です。

 

食事を一気に抜いてしまうと体は異変を感じ、代謝を落としてしまう事になります。
ですから徐々に食事を軽くし、量を減らして慣らしておく事が重要になります。

 

中でも重要なのが、前日の食事です。

 

前日は準備食となり、肉や根菜類などの消化吸収に時間がかかるものは避けることが大切です。

 

また、血糖値を上げる白砂糖等は避け、純和食のような食事を心がける事が重要になってきます。

 

イメージとしては、野菜と豆類、きのこ類等が中心の食事です。
こうした食事をしっかりと噛んでゆっくりと食べていく事が大切です。

 

準備食の時点で、消化吸収が良いヨーグルトを食べるのも良いですよ。
胃腸に負担が少ないですし、乳酸菌で胃腸の調子を整えてから断食に入ることが出来るからです。

 

また、準備食としてヨーグルトを食べる場合は
あまり、グラニュー糖などの粉砂糖を使わないことが大切です。

 

というのも、粉砂糖はショ糖と呼ばれる種類の多糖類で体への吸収効率が遅く
その分、代謝にも時間がかかり、血糖値が上がりながらも、それが下がるまでに時間がかかってしまうという特徴があります。

 

ですので、準備食に無糖ヨーグルトを食べる場合はシロップタイプのオリゴ糖を使うと良いでしょう。
オリゴ糖は、乳酸菌が腸内でしっかり働くための手助けをしてくれる特性があるからです。

 

また、ショ糖に比べて血糖値の上昇が緩やかで、正常値に素早く戻るという特徴も併せ持っています。

 

翌日から断食となると、しっかりと食事を食べておきたいと考える人は少なくありませんが、
この時点で量を減らしておく事も大切で、その為にはゆっくりと食べるようにする事がおすすめです。

 

それにより、少なめの食事でも満足しやすい状態となります。
断食といえば何も口にしないというイメージを持つ人も少なくありませんが、
酵素ドリンクや野菜ジュース等を飲みながら過ごします。

 

重要なのは、固形物を食べない事なので、意外と無理なく断食期間が終わるという人が殆どです。

 

そして、断食期間が終わった後、回復食にも気を遣っておく事が大切です。

 

断食後はしっかり食べたいと考える人は少なくありませんが、一気に食べると体に良くありません。
ですから最初はお粥等の胃腸に優しい食事をゆっくりと味わいながら食べていく事になります。

 

断食を行う場合、準備期間と、断食明けの食事をしっかりと意識しておく事も重要になります。