ジュースクレンズの効果を上げる準備食のレシピ

まず準備食とは何なのでしょうか。
プチ断食やファスティング(酵素ダイエット)などを行う前に食べる食事の事です。

 

プチ断食ダイエットなどを行うのは痩せる以外に胃を休めるという目的がありますよね。

 

普通の生活をしている方は毎日何かしらの食事をとっています。

 

常に食物が入ってくるので胃腸は24時間休む間もなく消化活動を行っています。

 

そんなお疲れ気味の胃腸を食を断つことにより休ませる事により、
人間の体内にある消化酵素の負担をやわらげ、
プチ断食後に摂取する食事や酵素を上手く活用する事によりダイエットに効果が出るのです。

 

しかしいきなり断食して胃の中を空っぽにするのは胃腸への負担がかなりかかるので、
あらかじめ準備食を少しずつ摂ることで胃に「空っぽへの負担」を慣れさせる事が準備食の目的です。

 

ただし何を食べてもいいわけではないので、おすすめレシピを一緒に見て行きましょう。

 

スポンサードリンク

広告

準備食のレシピを教えて!

断食前に胃腸の調子を整えるおすすめ食材はたくさんあります。

  • ごま
  • わかめ
  • 野菜
  • お魚
  • しいたけ
  • お芋

この8品です。

 

一見暗記するのに時間がかかってしまい覚えにくそうですが簡単な覚え方があります。
各食材の頭文字をつなげると「まごわやさしい→孫は優しい」と読めるので、この方法で覚えてしまいましょう。

 

他に効果的な食品は乳酸菌を多く含んでいるヨーグルトやキムチ、黒酢があります。

 

これらを使ったレシピで一例を挙げますと・サラダこれは非常に簡単なので誰でも作れます。
野菜は出来れば有機野菜が良いでしょう。

 

野菜の組み合わせはねぎ・きゅうり・ほうれん草・トマトなどが栄養素も高いのでおすすめです。
わかめを加えて海藻サラダにするのも効果的でしょう。

 

ただしサラダにかけるドレッシングは控えめにしてレモン汁をかけたり工夫をしてみましよう。

 

ミキサーにかけてジュース状にしてはちみつやカロリーオフの砂糖を加えて飲むというレシピもあります。

 

納豆とキムチは乳酸菌が豊富です。
また、カロリーも低いので、是非準備食に摂りたい一品です。

 

断食前の食事で塩は避けるべき食材ですがキムチの辛さは別です。
食べる際に納豆(豆の一種)と混ぜるとより効果的です。

 

納豆を筆頭としたねばねばした食材は胃腸に良い・ヘルシーなので尚更ですね。

 

ヨーグルトをアレンジこれも乳酸菌が豊富な上にたんぱく質も多く含んでいるので食べたい一品です。

 

そのまま食べても全く問題はないのですが、物足りない方はプレーンやはちみつを入れると美味しく食べられて満足出来ます。

 

砂糖は避けた方が無難です。
断食前の準備食、断食後の回復食をどううまく取り入れるかが成功の決め手になります。

 

正しい知識を身に着けて身体への負担を減らしてダイエットに成功したいですね。