ファスティングで下痢?

ファスティングダイエットで下痢になってしまったことはありませんか?

 

今度、友達と温泉旅行を予定していて、それまでに○kg痩せなきゃ!って頑張ってファスティングをしたら下痢・・・

 

このページでは、ファスティングで下痢になってしまった方に下痢の予防や対策を特集しています。
また、ファスティングをしていても下痢を起こさない芸能人御用達のスムージーもご案内しています♪

ファスティングでお腹が痛くなった女の子

ファスティングは、短期間で確実に痩せることが出来ることや美肌効果が注目されています。

 

最近は、ローラちゃんや多くの芸能人が実践しているジュースクレンズが話題で、ファスティングを始める人が増えています。
しかしながら、平日にファスティングを実践して下痢になってしまう方もおられます。

 

このページでは、ファスティングで起こってしまう下痢について対処法を詳しく見て行きたいと思います。

 

ファスティングで起こる下痢とひとことで言っても、実は2つの種類があります。

  • ファスティングの断食中に起こる下痢
  • 断食終了後の回復期に起こる下痢

この2つの下痢は原因が違うため、対処もまったく違ってくるんですよ。

 

そこで、ファスティングの最中とファスティングの後で起こる下痢の2つに分けてみて行きたいと思います。

 

まずは、ファスティング中に起こる下痢から見て行きたいと思います。

ファスティング中の下痢の原因と対処

ファスティング中に起こる下痢は、好転反応という「体が良い方向に向かっているきっかけの反応」なので喜ぶべきものなんです。

 

ファスティングの最中に起こる下痢で、便が真っ黒いものだった場合は、
腸の中に溜まっていた宿便が排出されている状態であるため、
そういった下痢の場合はそのままジュースを飲み続けて、体をリフレッシュさせてあげましょう。

 

また、その時に、もし平日でファスティングを行っていて、仕事中に下痢になってしまっては困るという場合は、お水を多めに飲むというのが良いでしょう。

 

断食中のため、固形物は一切食べていませんから、体の中には水分しか入ってきていません。
その状態でお水を飲むことで腸内環境のリセットがさらに速く進むようになるんですね。

回復期間中の下痢の原因と対処

ファスティング後の回復期間中に下痢になってしまうという方もおられます。

 

そういった方は、ほとんどの場合で回復食のメニューを間違っておられることが原因です。

 

というのも、ファスティングが終わった後の回復期間中は、
まだ胃袋を始めとする消化器官の働きが完全には戻っていないため、
根菜類などの硬い野菜を食べないようにすることが大切なんです。

 

ファスティングは、胃腸の中にどうしても溜まりがちになってしまう宿便や老廃物を洗い流すことができるのですが、
その間は通常の固形物による栄養補給を一切行っていないため、
その断食が終わった直後にいきなり消化を必要とする硬い食べ物を入れてしまうと胃腸がびっくりしてしまうんですよ。

 

それがファスティングの回復期に起こる下痢の1番大きな原因なんです。

 

ファスティングの回復食には、果皮や繊維質の硬い筋などが含まれていない食べ物を食べましょう。
例えばお粥やそうめんなど
炭水化物系のもので柔らかく調理した物をゆっくり食べるようにしましょう。

 

もしこの段階でせっかくのダイエット効果が薄れてしまうから炭水化物を食べるのが嫌だという場合は、繊維がしっかり粉砕されたグリーンスムージーを使うというのも1つの方法です。

 

グリーンスムージーは、繊維質が完全に粉砕された状態でジュースとして撹拌されて含まれています。
そのそのため、胃腸の中に入ってから消化を必要としないため、回復食としては最適なんですよ。

 

また、手作りのグリーンスムージーの場合は、コストが掛かる割にはミキサーの回転刃の摩擦と熱によって酵素が壊れている事が多いんです。
しかも、ミキサーを毎回洗ったり、野菜や果物を下ごしらえの状態で切ったり量を測ったりいろいろと面倒です。

 

そこで、おすすめなのが、植物由来の酵素がしっかり摂れるパウダータイプのスムージーなんですよ。

 

パウダータイプのスムージーはいろいろなものが市販されていますが、特におすすめなのはナチュラルヘルシースタンダードの『ミネラル酵素グリーンスムージー』です。

ファスティングで下痢になったらどうしたら良いの?

 

このミネラル酵素グリーンスムージーは、ジュースクレンズのファスティング中にも
コールドプレスジュース代わりにのむことができ、ファスティングダイエットの効果もあげてくれます。

 

そして、ファスティングの下痢対策にミネラル酵素グリーンスムージーがおすすめな理由は、
難消化性デキストリンという食物繊維がたっぷりと含まれているため、ファスティング中に水便になってしまうという方におすすめなんですよ。

 

繊維質を摂ると、お腹の中でちゃんと腸壁にこびり付いた汚れを落としてくれます。
便をちゃんと固めてくれますので下痢を予防してくれるんですよ。

 

芸能人にもたくさんのファンがいる人気のスムージーの詳細はこちら

 

ファスティングで下痢になったらどうしたら良いの?

ファスティングの効果ってどんなの?

ファスティングの効果は、痩せることが目的と思っておられる方も多いと思います。
確かに、短期間でダイエットの結果を出そうと思った時に、ちゃんと栄養が摂れるジュースを用意して行うジュースクレンズなどは効果も絶大です。

 

あのローラちゃんですら3日間〜5日間のジュースクレンズで平均して3kg前後は確実に痩せているようなので、ダイエット効果だけがピックアップされがちなのも無理はありません。

 

しかしながら、ファスティングの効果はそれだけではありません。

  • 美肌効果
  • 便秘解消
  • むくみや冷え性の改善
  • 疲れやだるさなどから解放されるすっきり感

などなど、すでに痩せている方ですら欲しくなってしまうような効果がたくさんあると言われていて、
実際にファスティングをやっている方でもそういった感想を持っている方が多いようです。

 

こう聞くと、今すぐにでもジュースクレンズをやってみたい!と思われると思いますが、ちょっと待って下さい。

 

ファスティングの効果は、今ご紹介させて頂いた通りですけど、注意して頂きたい点があるんです。

 

ファスティングの注意点って?

ファスティングの注意点を下にまとめましたので、まずはご覧下さい。

  • ファスティングの準備期間の食事
  • ファスティング中の過ごし方と日数
  • ファスティング中に起こる症状
  • お腹が空いた時の対処
  • 回復食のメニューと食べ方

これらの注意点について、ひとつずつ順を追ってご紹介して行きますので、一緒に見て行きましょう。

ファスティング準備期間の食事

ファスティング準備期間の食事については、大きな制限はありませんが、お肉や野菜の芯など胃腸の中で、未消化物(残渣:ざんさと言います)が残らないようなメニューを食べるようにした方が良いでしょう。

 

というのも、ファスティングの効果を最大限に引き出すために胃腸をちゃんと休ませてあげる事が大切だからなんです。

 

短期間の断食で、美肌効果や便秘解消、むくみや冷え性の改善など、欲しい効果を実感するためには代謝を上げる必要があって、胃腸が残渣を消化するために動いている状態だと、代謝を上げる側で使うはずのエネルギーがそちらで差し引かれてしまうんですよ。

 

せっかく、ファスティングを頑張っているのに、そうなってしまってはどう考えても損をしているとしか言いようがありません。
ですので、ファスティングの準備期間中の食事については、低残渣で胃腸に優しいメニューを中心に食べるように心がけて下さいね。

ファスティング中の過ごし方と日数

ファスティング期間中の過ごし方は、出来る範囲で構いませんので、安静にするよう心掛けて下さい。

 

これは先ほどの胃腸を休ませてあげる事で代謝を上げる話と関連してくるのですが、
ダイエットの効果をあげようとして運動まで頑張ってしまうと、やはり代謝に割くはずのエネルギーを無駄づかいする事んいつながってしまいます。

 

人間の身体の構造と消費エネルギーは、眠っている時間帯の方が基礎代謝が上がって効率が良いという話を聞いた事がありませんか?

 

これはリラックスしている状態の方が血流も含めて、体内の巡りが良くなるからなんです。
息が切れるほどの激しい運動は、有酸素運動よりもダイエット効率が落ちてしまうのと同じですね。

 

そして、ファスティング期間の長さ、日数についてなのですが、これは身体の慣れという要素も関係して来ます。
初めてファスティングに挑戦する方は身体に無理を感じる前にファスティングを止めるようにしましょう。

 

これも、実は意識が反映されてしまうのですが、運動を頑張りすぎてしまうのと同じように、ファスティング期間をいきなり5日間だとかに設定して頑張ってしまうと、
身体が飢餓状態を認識(錯覚)してしまう可能性があるためです。

 

飢餓状態に陥った身体は、脳からの命令でエネルギー消費を抑えて『省エネ状態』を作り出してしまいます。
これは、『この調子でエネルギーを使っていると死んじゃうぞ!ヤバいからエネルギー消費を抑えよう。』という生命維持の機能なんです。

 

この生命維持機能の事を専門用語では『ホメオスタシス』と言います。

 

そうなると、やはり栄養はしっかり摂っているから大丈夫と思っていても、身体側が生理反射として消費を絞ってしまうので、ダイエット効率と代謝エネルギー効率が落ちます。
こうなってしまうとファスティングを終えた後に『リバウンド』を引き起こす原因になってしまいます。

 

飢餓状態を認識してエネルギーを欲しがっている身体にファスティングを終えて、食べ始めた食事のカロリーが溜め込まれるようになるのでリバウンドになってしまうんですね。

 

そうならないように、ファスティングの日数は、無理のない設定をしましょう。

 

ジュースクレンズなどのファスティング初心者の方は、とりあえず『1日断食から始めてみて様子を見てみる』というのも良い方法です。
様子を見ている間は、出来るだけ安静にして、身体側が発信しているサインを見落とさないようにします。

 

この時に身体から発せられるサインは、次のような物です。

  • 寒気を感じる
  • だるさを感じる
  • 頭が重く感じる。もしくは頭痛

といったものがサインになります。
ただし、ある時から急になるものではなく、少しずつなって行くのが一般的なので、徐々に『予告』のようなサインとして発信されます。

 

そういった『サインを見過ごさない』ためにも、ファスティング中の過ごし方は、出来る範囲で安静にするのが大切なんですね。

 

ちなみに、『安静に』と言っても、身体を一切動かしちゃいけないというわけではなく、走ったり息が切れるような運動をしないようにするだけです。
『寝たきり老人』のような過剰な安静ではありませんので、ご安心してください。

 

ファスティング中に感じる症状

ファスティング中に感じる症状についてなのですが、先ほどの生命維持のために感じる症状とは別物になります。

 

『好転反応』という言葉をご存じですか?これはファスティングによって体内の老廃物やむくみや冷え性の原因になってしまう身体の巡りを下げてしまう『古くなった水分』を排出する事が出来る事で感じるものです。

 

決して怖いものではないので、先ほどお話させて頂いた『ホメオスタシスのサイン』とは症状じたいが異なります。

 

それは次のようなものとなります。

  • 下痢
  • 微熱
  • 腰痛
  • 喉の腫れ
  • 吹き出物
  • 肩こり
  • めまい

これらは、初めて体験する方は怖くなってしまう症状かも知れませんが、ファスティングによる『デトックス=毒素排出』が進んでいる証拠です。

 

これらの症状が出始めるタイミングは、おおむね2日目頃からが一般的ですが、準備期間中の『身体側の心の準備』が整っていてファスティングを始めた場合は、1日目から感じるという方もおられます。

 

どちらにしても、『ファスティングが上手く行っている証拠』ですので、怖くなってやめるのは勿体ないという事になります。

 

この中で最も感じる方が多い『下痢』についてですが、お腹を冷やしてしまった時のような下痢ではありません。

 

さすがに下痢いなってしまうと「ただ事ではない」と思ってしまうんですが、実はファスティング中の下痢に関しては好転反応のひとつです。

 

身体から老廃物や毒素が排出されている証拠なんですよ♪

 

ファスティングで下痢になったらどうしたら良いの?

体内に溜まっていた老廃物や宿便が排出されればデトックスは自然に終わります。すると下痢も自然と治るという仕組みなので安心してください♪

 

なので、ファスティング中に下痢になったとしても、市販のお薬の『下痢止め』などは飲まないようにしてくださいね。

 

せっかく『デトックスが進んでいる状態』にあるものをお薬で止めてしまうのはもったいないです。

 

感じ方に個人差はあると思いますが、むくみや冷え性の改善、スッキリ感や絞れた身体が軽く感じる・・・といったような感動がファスティングの先にあると思ったら、やってみたくなると思います。

 

ファスティング中の下痢は、デトックスによる好転反応なので、それが起こるという事は、ファスティングが成功している証拠なので安心して良いですよ♪

 

ただし、状況によっては『下痢は困るよ・・・』という方もおられると思います。
例えば、休日を利用してファスティングに挑戦してみたけど、明日から仕事・・・などという場合です。

 

そういった方の場合は、お水を多めに飲むようにしてください。

 

お水を多めに飲む事で、デトックスの進みが加速する事で、下痢が早く治まります。

 

なので、ファスティング中の下痢に困ってしまった場合は、出来るだけ多めにお水を飲んで、早くデトックスが終わるようにすると良いですね。

 

要注意!ちょっと待って下さい!

 

ジュースクレンズのデトックス効果で下痢になる事は、怖い事ではなくむしろ良い事だというのはご紹介している通りです。

 

ファスティング 下痢

 

ですが、ここで大切になるのは、“安心して飲める良質なお水”なんです。

 

ジュースクレンズをきっかけにして“理想の自分に近づく事が出来る肉体改造”が加速するきっかけとして“安心して飲める良質な水”が大切なんですよ。

 

ジュースクレンズを実際にやってみると分かるのですが、一度身体が内側からスッキリする感覚を体験すると“またやりたく”なります。

 

それと同時に感じるのが、常に身体を内側からキレイにしておきたいと思うようになると思います。

 

すると気になるのが、普段飲む水、料理で使う水、生活の中へ一番影響を及ぼす“水の存在”です。

 

もっと細かい事を言えば、何か飲み物を飲むときに使う氷も良質な水を使いたくなるんですよ。

 

普段から“良い水”を摂る習慣をつけておくと、ジュースクレンズに素早く応えてくれる身体も出来上がっていきます。

 

そこで、おすすめしたい提案がウォーターサーバーです。良質な水を生活に密着した形で使うには理想的な方法のひとつです。

 

特に小さい赤ちゃんがいるママさんなら放射能汚染が心配な水を使いたくない!と思うのは当然だと思います。

 

ただ、安心で安全なお水ならミネラルウォーターをペットボトルでまとめ買いしても良いのですが、赤ちゃんの授乳や離乳食作りなど適温のお湯やお水毎回沸かしたり冷やしたりして用意するのは意外と面倒な仕事です。

 

ウォーターサーバーなら自宅に設置しておけば、いつでも美味しくて安全な天然水が使えるんですよ。

 

安心して飲める美味しい水は、赤ちゃんのミルクな離乳食はもちろん、ファスティングが終わった後の回復食にも使う事で、身体を内側からキレイに保ってくれます。

 

“安心してゴクゴク飲める美味しい水”であなたの身体が内側から変わっていく感覚を味わってみませんか。