市販の野菜ジュースでデトックスできるジュースクレンズ

ジュースクレンズ 市販の野菜ジュース

ジュースクレンズは、ハリウッドセレブや一流モデル・有名人がこぞって実践するデトックスダイエット法ですが
セレブや一流芸能人だけが飲むようなスペシャルなジュースが必要というわけではないんですよ♪

 

もちろん、市販ジュースで充分にデトックスダイエットができます♪
ジュースクレンズに使うクレンズジュースは大きく分けて3種類があります。

  • 酵素・菌活ドリンク
  • コールドプレスジュース
  • スロージューサーを購入して作る手作りクレンズジュース

大きく分けてこの3つの種類に分けられます。
この中でも、ローラちゃんや大矢果南さんなどの一流モデル。
小嶋陽菜ちゃん(2017年4月末卒業予定)、柏木由紀ちゃん、前田敦子ちゃんなどの
AKBメンバーなどもコールドプレスジュースを使ってジュースクレンズを行っています。

中でも前田敦子ちゃんは、かなりのデトックスマニアwで、通常は3日間のクレンズメニューなのですが、
自身でスロージューサーを買って手作りジュースを作って5日間のジュースクレンズを行っているそうです。

 

そんな彼女たちが使っている専用のジューススタンドで販売されているコールドプレスジュースやスロージューサーで作るクレンズジュースでなくても、
普通に通販で自宅に届けてくれる市販ジュースで栄養素がしっかり摂れるのが酵素ドリンクや菌活コンブチャなどの人気のクレンズジュースなんですよ♪

 

市販ジュースでできると言いましたが・・・

ただし、ここでひとつだけ注意したいのが近所のスーパーとかコンビニで売っているような『カ○メ野菜ジュース』などの市販ジュースではダメ!という点なんです。

 

ですが、野菜や果物の果汁だけで作られたジュースっていうならスーパーで売っている市販の野菜ジュースでも良いんじゃないの?という方もおられます。
確かに100%果汁で作られたジュースという意味では、市販の野菜ジュースでも同じと言えなくもないのですが、コールドプレスジュースと市販の野菜ジュースとでは“大きな違い”があるんですよ。

 

それは市販の野菜ジュースは、加熱殺菌処理を行われている事から栄養素もほとんどがなくなってしまっているという点です。

 

市販の野菜ジュースでは、ジュースクレンズの効果が薄まってしまうばかりか、体調を崩してしまう心配もあります。

 

このページでは、市販の野菜ジュースとコールドプレスジュースの違い。

 

コールドプレスジュースを買いに行くのは無理という方におすすめのジュースクレンズのジュースの選択肢をご紹介します。
是非最後まで読んでみて下さいね。

 

一方のコールドプレスジュースは、基本的には専用のジューススタンドで、専用の低速ジューサーでゆっくり押し潰すように果汁だけを絞り出したジュースで植物性タンパク質の酵素や栄養素も熱が加わっていないために“栄養素がちゃんと生きている”新鮮なジュースなんです。

 

市販の野菜ジュースでも出来なくはありませんが、デトックスを効果的に進めていくために必要な栄養素は、ちゃんと摂る事が出来ないと考えておいた方が良いでしょう。

コールドプレスジュースは買いに行けないという方は

ジュースクレンズ 市販の野菜ジュース

コールドプレスジュースは、専用のジューススタンドでは1杯あたり平均で¥1,000で販売されていますが、価格も高くお店もまだまだ少ないのが現状です。

 

市販の野菜ジュースでジュースクレンズを行うのは、先ほど紹介した理由があるのでおすすめ出来ません。

 

コールドプレスジュースの通販品もありますが、先ほども紹介したように価格がとても高いというデメリットがあるからです。

 

ですが、コールドプレスジュースを買いに行くのは無理という方もおられるでしょう。

 

そこで野菜ジュース以外でジュースクレンズにおすすめのジュースの選択肢が次の二つです。

  • 家庭用スロージューサーでコールドプレスジュースを作る
  • 通販で購入出来る酵素ドリンクを使う

スロージューサーは家電量販店で販売されているものもありますが、
メーカーによってかなり性能面に開きがあるので、
日本製の有名家電メーカーのものだからと言って必ずしも良いとは限りません。

 

スロージューサーの性能比較「動画あり」

 

ジュースクレンズ 市販の野菜ジュース

手作りのコールドプレスジュースを作るには、素材の野菜や果物の“質”にもこだわりたいところです。

 

というのも、ジュースクレンズは果汁100%のジュースでなければ効果が薄まってしまうため、
有機栽培の無農薬野菜や減農薬野菜などで残留農薬の心配のないジュースを使う事で
より効果も高くなりますし、手に入る素材すべてが安全性が確保されていれば、
自由な組み合わせで効果を高めたり、味を美味しくしたり、いろいろな事が出来るからです。

 

酵素ドリンクでのジュースクレンズ

酵素ドリンクは、発酵過程を経て作られているから酵素がしっかり摂れるという点がおすすめのポイントです。

 

手作りジュースは、スロージューサーさえ購入してしまえば、後は素材だけ手に入れてしまえば
好きなように組み合わせて専用ジュースを楽しめますが、
先ほども紹介した通りスロージューサーを購入する必要がありますし、野菜や果物の素材にもこだわりたいという事で面倒と感じる方も多いんです。

ジュースクレンズ 市販の野菜ジュース

一方の酵素ドリンクは、ビンに入ったままの状態ならば、常温でも1ヶ月ほどの保存が可能ですし、冷蔵庫ならもっと長く取り置きする事も出来ます。

 

酵素が摂れるスムージーは、ほとんどがパウダータイプで、作る時に必要な分だけシェイカーに入れてお水と一緒にシェイクするだけなので、パウダーが入っている袋とシェイカーだけを持ち歩く事も出来ます。

 

汎用性の高さやコストなどの面から言うと、酵素ドリンクはとても良い選択肢だと思います。
というのも汎用性だけではなく、発酵過程を経て作られているジュースなので、栄養素がアミノ酸レベルまで分解されているんです。

 

これは、栄養素の吸収効率の高さが一番の特徴です。
手作りのコールドプレスジュースと通販の酵素ドリンクどちらを選ぶかはあなた次第です。

 

自分のライフスタイルやなりたい自分の理想に合わせた最適な選択肢でジュースクレンズを行ってくださいね♪

 

夏までに緊急ダイエット!市販クレンズジュースランキング