スロージューサーで酵素を摂るメリットとおすすめを紹介!

今、スロージューサーというのが流行っています。その名の通りスクリューがスロー(ゆっくり)で回転するのです。
ここでは、そのスロージューサーで酵素を摂る理由やメリット、おすすめのスロージューサーについて特集していきます。

 

普通のミキサーとスロージューサーの明らかな違いは回転するスピードです。
普通のジューサーミキサーが、1分あたり8,000〜15,000回転なのに対してスロージューサーは30〜45回転となっています。

 

こんなに遅くて大丈夫?と思われる方もおられると思いますが、
石臼ですりつぶすように食材をすりつぶしてジュースにするため、
野菜や果物から果汁だけを純粋に取り出す方式なので、回転はゆっくりで良いんですよ。

 

刃がついていないので取り扱いが安全ですし音もうるさくありません。

 

普通のミキサーだと、高速回転の『ギュイーン音』や
固い果物や野菜だと『ガリゴリ音』がうるさいですよね。

 

スロージューサーはそういった音がなく、野菜や果物がつぶれていく音しかしないので
夜でも早朝でも、いつの時間帯でも気にせず利用することができるのです。

 

また普通のジューサーでは難しかった葉野菜も一緒にジュースに変えられますし、
皮付きのまま入れても搾りかすは勝手に分離してくれるため、サラサラのおいしいジュースが飲めるのです。

 

さまざまなメリットのあるスロージューサーですが、
特におすすめなのが酵素が壊されることなく取り入れられる点です。

スロージューサーの酵素はどんな効果があるの?

通常のジューサーだと金属性の刃が高速回転する中でどうしても摩擦熱が発生してしまいます。
酵素だけでなく栄養素の中には熱に弱いものがいくつもあります。

 

普通のジューサーを使って調理することで、せっかく野菜や果物に含まれている栄養成分をすべて取り込むことができなくなってしまうんですよ。
これまで、普通に高速回転ミキサーで作った野菜と果物のミックスジュースは実は『栄養素のムダ』が出ていたのかも知れませんね。

 

酵素は食べ物の消化や代謝を行なうのに必要とされるたんぱく質の一種です。

 

不足することでエネルギーが消費されにくい体になるんですよ。
つまり脂肪が蓄積しやすい体になってしまうんですね。

 

もっとあからさまに言えば『太りやすく痩せにくい身体』になってしまいます。

 

その太りやすい身体は、眠っていてもエネルギーを消費している基礎代謝作用が弱まっている状態なんですよ。

 

たとえダイエットを行なっても代謝作用が弱っているとなかなか効果が出てきません。

 

毎日スロージューサーで作られたジュースを飲むことで、ダイエットに成功しやすい体質に体を改善させるのです。

 

ダイエットに影響するだけではありません。

 

不足すると老廃物が体内で滞るので疲れやすくなります。
シミやシワなど老化現象も現われてくるのです。

 

腸内バランスが崩れることで便秘や免疫力低下など健康面にも影響をします。

 

低速で回転する以上、普通のジューサーに比べると調理時間はかかります。

 

ただ音がしないので、朝早くから行なっても家族の睡眠を妨げることはありませんし、皮をむいたりする手間を考えるとそれほどの時間ロスになるとは言えません。

 

毎朝手作りジュースを家族で飲んで、健康と美容を手に入れるようにしましょう。

 

低速で作る場合、空気の混入が減るので酸化や分離もしにくくなります。
そのため素材本来の旨味や甘味が感じられます。

 

もちろんレシピにもよりますが、市販の野菜ジュースと違ってドロッとした口当たりもなく野菜嫌いのお子様でも飲みやすく、毎日続けることができるでしょう。
体内に酵素が常に十分にある状態にするためには毎日継続して取り入れることが必要です。
スロージューサーがあれば冷蔵庫に余っている野菜や果物を入れてやればよいだけなので簡単なんですよ。

酵素を摂るのに効果的なスロージューサーはこれ

もしあなたが、スロージューサーで野菜や果物からの酵素を摂りたいというのであれば、クビンスホールスロージューサーが良いでしょう。

 

その理由はいくつかあるのですが、クビンスホールスロージューサーはミキサー特有の洗うときの面倒くささが無いうえ、
野菜の投入口が他に比べて大きいので、いちいち野菜などを小さく切らなくて済むので使いやすいんです。

 

こういったメリットがクビンスホールスロージューサーにはあるのですが、もしあなたがスロージューサーを検討されているのであれば、
こちらからクビンスホールスロージューサーの詳細や口コミがチェックできますので、チェックしてみてください↓

 

おすすめのスロージューサー2017年最新モデル